ユーキャンの宅建通信講座の特徴

「ユーキャンと言えば通信講座」というほど私たちの生活の中でメジャーとなっている企業となりました。この企業でも、宅建の通信講座を開講しています。ユーキャンの通信講座は多くの方に支持されている理由は、知名度が高いということもありますが、分かりやすいテキスト構成だということがあげられています。

標準的な学習期間は6カ月間、カリキュラムをコンスタントにこなしていけば最短で3カ月程度で修了できるプログラムです。毎年10月に行われる宅建国家試験に照準を当てて無理なく試験対策ができることでしょう。初めて宅建を学ぶ方にも分かりやすくカリキュラムが組み込まれているので、何度か試験を受けている方だけではなく、学習初心者にも安心です。特徴としてサポート期間が長く設定されているので、今から準備を始めて、翌年の試験に照準を合わせたいという方でも、サポート終了となってしまうこともありません。

ユーキャンの大きな特徴としては、シンプルなテキスト構成となっていることです。メインの基本テキストは3冊だけ。これまでのノウハウを凝縮し、「合格するために必要なこと」だけが記載されているので、短期間で合格を目指すことが可能だとされています。また、すき間時間で聴講ができるCDなどもセットされているので、通勤時間等も効率よく勉強時間にあてることができます。

費用は通信講座としては妥当な金額です。サポート期間が長く保たれていますし、添削回数は8回とワイドなフォローも期待できます。教育訓練給付制度の対象講座ですので、条件が満たされていれば、学費の20%が支給されます。