月別アーカイブ: 2014年8月

大原の宅建通信講座の特徴

通信講座と言えば、ここと言われるほど知名度が高いのが大原です。資格試験対策講座を豊富に取り揃えており、特に宅建試験に関しては多くの合格者を輩出しています。大原の特徴は、通学制の講座を開講しているだけではなく、通信学習コースも提供していることが挙げられます。DVDもしくはWEBのいずれかで勉強ができ、自分の好きな時間に勉強を進めていくことができます。通学の負担も減らすことができるので多くの方が通信学習を選択しています。

DVDやWEBを使った通信講座は、分かりにくければ、受講料のムダ使いになってしまう場合もあります。これはテキストを開梱するまでは全く内容が見えないものです。大原の場合、通信講座体験コンテンツを利用して、実際の内容を確認することができます。事前にダウンロードできるものかどうかを確認できますし、動作環境を確認し、内容と特徴を把握してから申し込みができるので便利です。

講座内容も多岐にわたっており、初心者向け講座から、これまでに宅建に関する学習を経験している方向けの講座などがそろっています。また試験対策用の模擬試験も受験できるので、力試しをしながら着実に力を伸ばしていくことが可能です。老舗の専門学校が提供している講座なので、これまでの資格試験のノウハウをしっかり習得することができます。もちろん、教育訓練給付制度の対象となっている講座もありますので、受講料をハローワークに負担してもらいながら勉強をすることも可能です。


クレアールの宅建通信講座の特徴

財務・法律系の国家試験に強い通信講座として、クレアールが注目されています。クレアールの特徴としては、「安い」「楽」「短期間」にポイントを置いてカリキュラムを構成していることがあげられます。リーズナブルな価格で、短期間に宅建合格までの実力が身につけられるとされています。

クレアールが多くの受講生に支持されているのは「非常識合格法」という独自の学習メソッドが確立しているからです。学習時間の確保が楽にできるよう設定されていますし、宅建合格ラインである正答率70%をクリアできるような勉強法ですので、気持ちを楽にして勉強できるのが特徴です。もちろん年々難易度を増し、新しい形式の設問が出るようになった宅建試験にいち早く対応し、量より質の学習法を提供しています。インプットとアウトプットのバランスを大事にしており、詰め込み学習を避ける学習法は、これまでの概念を打ち破った通信講座だといえるでしょう。

またVラーニングシステムと呼ばれる映像専用コンテンツを用いて、自宅に居ながら講義を受講できる仕組みを取り入れています。マルチデバイスに対応しており、PCやスマホによるWEB学習が可能になりました。基本的に時短学習ですが、しっかりと身に付いているというのがクレアールの魅力です。オプションDVDの申し込みで更に理解度を深めることができます。

費用も、早く始めるほど安くなるのがクレアール流。一般的な宅建通信講座の費用と比べても安く設定されており、試験開始数ヶ月前からの受講では、基本講座の一部を無料受講できる特典が受けられます。


LECの宅建通信講座の特徴

LEC東京リーガルマインドという法規関係の国家試験対策に長けている企業の宅建通信講座を受講する方が増えています。LEC(れっく)の特徴としては、速習・短期学習カリキュラムと称したコースを設けていることです。どんどん難問と化していく宅建の試験問題に柔軟に対応していることが大きなポイントで、合格率をぐんと下げてしまう「条文」に関する問題を、徹底的に学習できるようなカリキュラム構成になっています。

LECはテキスト学習だけではなく、通信講座を手助けするweb学習やDVD学習ができる講座も充実しています。もちろん教育訓練給付制度を利用できる講座もありますので、仕事をしながら資格を取得したいと考える方にもお勧めです。また、スマホ学習のオプションがつけられる学習初心者向けコースや、演習のみに特化した講座、試験直前対策として演習やまとめに特化した講座なども出ています。初めて受験される方はもちろんのこと、何度か宅建試験に挑戦している方にもお勧めできるコースと言えるでしょう。複数の講座を掛け持ちで受講することで通学生と同等の勉強量を得ることができるでしょう。

LEC宅建では、講師陣のブログ発信を通じて受験情報がえられるところにも大きな特徴があります。テキスト以外でもわずかでも知識を習得できるのは便利です。費用は受講するコースによっても異なりますが、フルコースで6万から8万円ほどの費用がかかります。どういったコースを受講するのがよいのか、分からない場合は、問い合わせをしたり、資料請求をしたりすることをお勧めします。


ユーキャンの宅建通信講座の特徴

「ユーキャンと言えば通信講座」というほど私たちの生活の中でメジャーとなっている企業となりました。この企業でも、宅建の通信講座を開講しています。ユーキャンの通信講座は多くの方に支持されている理由は、知名度が高いということもありますが、分かりやすいテキスト構成だということがあげられています。

標準的な学習期間は6カ月間、カリキュラムをコンスタントにこなしていけば最短で3カ月程度で修了できるプログラムです。毎年10月に行われる宅建国家試験に照準を当てて無理なく試験対策ができることでしょう。初めて宅建を学ぶ方にも分かりやすくカリキュラムが組み込まれているので、何度か試験を受けている方だけではなく、学習初心者にも安心です。特徴としてサポート期間が長く設定されているので、今から準備を始めて、翌年の試験に照準を合わせたいという方でも、サポート終了となってしまうこともありません。

ユーキャンの大きな特徴としては、シンプルなテキスト構成となっていることです。メインの基本テキストは3冊だけ。これまでのノウハウを凝縮し、「合格するために必要なこと」だけが記載されているので、短期間で合格を目指すことが可能だとされています。また、すき間時間で聴講ができるCDなどもセットされているので、通勤時間等も効率よく勉強時間にあてることができます。

費用は通信講座としては妥当な金額です。サポート期間が長く保たれていますし、添削回数は8回とワイドなフォローも期待できます。教育訓練給付制度の対象講座ですので、条件が満たされていれば、学費の20%が支給されます。


フォーサイトの宅建通信講座の特徴

通信講座のフォーサイトで宅建資格の受験対策を行っている方が増えています。学習初心者だけではなく、何度か試験に挑戦している方までもが利用しています。その特徴の一つとしてあげられるのが、視覚に効果的に訴えるフルカラーテキストの充実です。単色刷りのテキストが多い中でのフルカラーテキストは、要点が一発で目に飛び込みやすく、まとめやすいと言われています。

また、インプットとアウトプットに特化した勉強法で、取り組みやすい科目から徐々に勉強をしていくことから始めます。またインプットをある程度続けたところで、過去問を解き、応用力を高めていきます。カリキュラムを通じて、ステップアップ・スキルアップが見込めます。

フォーサイトの宅建通信講座講座のもう一つの特徴は、たくさんの学習コースが用意されているところにあります。初めて受験勉強を始める方にお勧めの基礎講座から、試験対策のための過去問題講座なども充実しています。CD聴講タイプ、DVD講義タイプの物、どちらもセットになっている物など、バリエーションも豊富なので、自分が勉強しやすい方法を見つけられることでしょう。

受講料もリーズナブルです。単科基礎講座のCDオンリーコースだけでも3万円未満で受講開始が可能です。あらゆるところでコストダウンを実現し、それを通信講座受講料に還元しているので、安価で良質なテキストが実現しました。「合格ライン70%正解」を狙う勉強法を提示しているフォーサイトの通信講座が気になる場合は、まずは資料請求をしてみましょう。