LECの宅建通信講座の特徴

LEC東京リーガルマインドという法規関係の国家試験対策に長けている企業の宅建通信講座を受講する方が増えています。LEC(れっく)の特徴としては、速習・短期学習カリキュラムと称したコースを設けていることです。どんどん難問と化していく宅建の試験問題に柔軟に対応していることが大きなポイントで、合格率をぐんと下げてしまう「条文」に関する問題を、徹底的に学習できるようなカリキュラム構成になっています。

LECはテキスト学習だけではなく、通信講座を手助けするweb学習やDVD学習ができる講座も充実しています。もちろん教育訓練給付制度を利用できる講座もありますので、仕事をしながら資格を取得したいと考える方にもお勧めです。また、スマホ学習のオプションがつけられる学習初心者向けコースや、演習のみに特化した講座、試験直前対策として演習やまとめに特化した講座なども出ています。初めて受験される方はもちろんのこと、何度か宅建試験に挑戦している方にもお勧めできるコースと言えるでしょう。複数の講座を掛け持ちで受講することで通学生と同等の勉強量を得ることができるでしょう。

LEC宅建では、講師陣のブログ発信を通じて受験情報がえられるところにも大きな特徴があります。テキスト以外でもわずかでも知識を習得できるのは便利です。費用は受講するコースによっても異なりますが、フルコースで6万から8万円ほどの費用がかかります。どういったコースを受講するのがよいのか、分からない場合は、問い合わせをしたり、資料請求をしたりすることをお勧めします。